前へ
次へ

ヘアドライヤーでマッサージ

エステティシャンに施術してもらったり、マッサージャーを使うのもアリですが、日頃の疲れ、ストレスなどによる美的リカバリーを狙うならば、セルフマッサージになります。高価な美容機器なんて買えないし、かといってエステにお金をかけたくない、そうした女性もいるはずです。それでも美しさにはどん欲なのも女性ならではの欲求でしょう。身の回りにある道具を使ってマッサージができるので、試してみてはいかがでしょうか。例えば、ヘアドライヤーです。こりは疲れからも招くのですが、気持ちよい温かさを感じる程度の温風を5分ほど当てるだけで、こりを解消できます。これは、肩こりのみならず、首こり、顔のこりにも有効性があります。弱い温風刺激は軽いマッサージと同じ効果があるとも謳われています。注意点は、温風を熱く・強く・長くしすぎないことです。冬の時期のお風呂上がりは湯冷めするのも早く、肌から水分が蒸発するスピードも早くなりますから、ヘアドライヤーを当てるのは利に適っているでしょう。

Page Top